FC2ブログ
TOP > ペットフードのリコール問題
 ← 沖縄料理「やんばる」 | TOP | 日本語の論文検索

リストマーク ペットフードのリコール問題 

カテゴリー: ウェルシュ・コーギー | 2007年05月05日 ()

元気になったムクゲ


約ひと月前にブログを書いた時、実家のムクゲは腎不全で獣医さんからはほぼ見放された状態でした。薬のようなものを20日間分頼んだところ、「20日分もですか?」と言われたらしいので、余命幾ばくもないという状況だったのでしょう。


実家に帰ったときは玄関でプルプルと喜びを全身で表現しつつの出迎えがお約束なのですが、ひと月前は小屋から出てこず、呼ぶと体を引きずるようにしてやっとこさ出て来るという有様でした。呼んでも反応がなく、家族では耳が聞こえなくなっているのかも、などと話していました。

その翌日か翌々日にどうもおかしいと思った母親が血液検査をしてもらいに動物病院へ行ったら既に末期的な状態だったようです。

その日から食事を変え、水分補給を調整し、色々と参考書籍もあたりながら母親と父親の「ムク救出大作戦」が始まりました。愛情が功を奏したのか、2週間目からめきめきと回復して来るではありませんか!腎不全の症状としては、あとは死を待つのみという状況だったので奇跡と呼びたくなるような回復ぶりです。悪くなった原因は?通常は死を待つのみの状態からの復活には何が奏功?


そんな事をぼんやり考えていた折り、昨日実家に帰った時、父が

「NHKでドッグフードのリコールのニュースがやってたよ。でも検索しても見つからない。」

と言っていました。で、早速色々と調べてみたところアメリカの方ではペットフードのリコールが社会問題になっているようです。日本では殆ど報道されていないようですね。グーグルで調べてみると、キャッシュには残っていましたが、NHKにはもうそのページは存在しませんでした。

報道が殆どないとはいっても、現在はインターネットの時代。情報が少ない中、アメリカのサイトなどの情報をブログにまとめ公開されている方がいらっしゃいました。

非常に助かりますね。感謝です。お勧めをふたつご紹介します。

拡大し続けるペットフードのリコールーリコール問題の全体像
ペットフード事件簿

上記二つのブログで紹介されているリンクをバーッと読んでみたところ、ムクに与えていたドッグフードのメーカーの製品もリコールとなっていました。与えていた製品自体はリコールの対象ではなかったのですが、いい気分はしませんね。

ペットフードに関しては、以前からちょっと気にしていたので「吉岡フード」(どこで知ったのか、誰に教えてもらったのかは失念)というちゃんとしたメーカーのものが良いという事で母にも勧めたりしていました。

病気に関しては先天性のものもあるでしょうし、同じものを食べた場合の耐性にも個体差があるので何が原因なのかをはっきり言う事は出来ないと思いますが、今回はもしかしたら食なのかなっていう気はします。(食を変えてから回復して来た訳ですから)

まあ、こういった問題は今に始まった事ではないのだろうと思って調べてみると幾つも出てきました。


『暮らしの手帖』がドッグフードにメス!

屍肉・病肉に添加物過剰 買ってはいけないペットフード

ドッグフード研究所


ドッグフード関連のホームページでは色々と危険性のある添加物を並べ立てて、自分がプッシュする商品を売りたいのだと思われるページもあるのが現状です。そこら辺はやはり対立する意見も読みながら判断して行くしかないでしょう。

暮らしの手帖の記事に対する反論にもリンクを貼っておきたいと思います。

暮しの手帖96 「ドッグフードを考える」記事について
暮しの手帖96 「ドッグフードを考える」記事について(追記)


YouTubeにもいろいろとアップされていました。中にはペットフードのブランド名を挙げて、「その会社に僕の猫が殺された」というタイトルで自主制作ビデオをアップしている人もいました。









このリコール問題自体どういった経緯で明るみになったのか、政治問題なのか冷静に見る必要はあるのかもしれませんね。犬が食べるにしろ人間が食べるにしろ、なるべく元の素材が見えるものが良いですね。なるべく工業製品化されたものは避けたいものです。


今回実家のムクゲが何故に腎臓病になってしまったのかは分りませんが、そう言えば少し調子悪そうだったなー、など思い起こせば色々ある訳です。そういうことを思い出すにつけ、反省です。またいつもならネットで色々と調べるはずの僕が犬の食事に関して調べを怠っていたのは浅はかでした。もし気になるペットがいたら食事を見直すのも良いかもしれません。体を形作っている唯一のものが食事ですから。
[2007.05.05(Sat) 22:53] ウェルシュ・コーギーTrackback(0) | Comments(2)
↑TOPへ


COMMENT

ムクちゃん、良かった! by kazuyo
びっくりしました。ムクちゃんが「腎不全」だったなんて・・。
回復してほんとに良かったですね!
「食」が原因かもというのも恐ろしい話です。
犬も、人間同様、食を選ばないといけない・・・考えてみれば
添加物まみれのペットフードが出回っていないと考える方が、
不自然ですものね。
ともあれ、良かった!
また元気なムクちゃんの写真、楽しみにしていますね。

ありがとうございます! by kozo
kazuyo様、
ご無沙汰しています。コメント有り難うございます!おかげさまで良い方向に事が展開して行ってくれました。

今週末か来週にでもまた良い写真を撮ろうと思っていますのでお楽しみに(親ばか・・・)。

コメントを閉じる▲

 ← 沖縄料理「やんばる」 | TOP | 日本語の論文検索

COMMENT

びっくりしました。ムクちゃんが「腎不全」だったなんて・・。
回復してほんとに良かったですね!
「食」が原因かもというのも恐ろしい話です。
犬も、人間同様、食を選ばないといけない・・・考えてみれば
添加物まみれのペットフードが出回っていないと考える方が、
不自然ですものね。
ともあれ、良かった!
また元気なムクちゃんの写真、楽しみにしていますね。
[ 2007.05.06(Sun) 23:39] URL | kazuyo #- | EDIT |

kazuyo様、
ご無沙汰しています。コメント有り難うございます!おかげさまで良い方向に事が展開して行ってくれました。

今週末か来週にでもまた良い写真を撮ろうと思っていますのでお楽しみに(親ばか・・・)。
[ 2007.05.08(Tue) 01:55] URL | kozo #wUQa67dI | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://viaud.blog16.fc2.com/tb.php/477-3b66d956
 ← 沖縄料理「やんばる」 | TOP | 日本語の論文検索

Blog全タイトルを見てみる

プロフィール

高田耕造

Author:高田耕造

広島生まれの福岡育ち。高校は県立福岡高校。エスカレーター式に福高研修学園に進み浪人生活。その後、震災の年に神戸大学に入学。馬術部に入るも、馬の後ろ蹴りを受け、自分の鈍くささに嫌気がさすとともに馬に申し訳なく、退部する。部活をやめて、内なるエネルギーを学業に注ぐと思いきや、突然実家の福岡までチャリンコでGOー!3日間で福岡に到着。初日に5キロ以上体重が落ちたことに驚愕する。
体力もあり、爽やか青年のかっこいい旅物語のようにも想像されるが(されない?!)そうは問屋が卸さない。ゴール間近の3号線で「ビデオ・ランジェリー葉山」に気を取られ、その瞬間、ガードレールに激突。血だらけになりながら外れたチェーンを修理し、最後の帰路につく。
大学では神戸松蔭女子学院大学でフランス語をマダムたちと学んだ後、ボルドーへぶどう摘みに。このブログはその時の思い出から始まる。

在学中に結婚。はれてヒモとなる。奥さんに手作り弁当を手渡し、「いってらっしゃいまし」の日々。先日、ベリーズに住む友人とチャットをしていて「僕は妻と地球にパラサイト」っていったら素敵な表現だと褒めてくれた!「妻にパラサイト」が素敵?!
んなワケねーか・・・。サッカーのワールドカップ期間中、ベルギー国営放送のクルーたちとベルギーチームとともに日本を巡る。なんちゃってフランス語も時には役に立つ。先日の戦後60年に関するRTBFの取材は僕にとってもかなり勉強になった。
しかーし、リストラの波はヒモにもやってきた。ヒモ解雇。大学院を中退し、2004年から福岡で久留米絣の仕事に従事。
現在はまた神戸に戻ってきました!

カテゴリメニュー

カレンダー

12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
著作権フリーのフランス写真

ぶどう摘み体験記

Dimaine de Viaud
powered by
Domaine de Viaud
Domaine de Viaud ブログ
ワイナリー関連記事

最近のコメント

月別アーカイブ