FC2ブログ
TOP > 神戸ファッション美術館
 ← 今年はどうしよう・・・ | TOP | 新しいgoogle earth...こりゃすごい

リストマーク 神戸ファッション美術館 

カテゴリー: 神戸 Kobe | 2006年06月29日 ()

只今、朝の6時。とてもいい天気の福岡です。今日は会社のひと何人かが神戸に行きます。残念ながら僕は行きません・・・。デザインに関わる人たちの弾丸勉強ツアーですね。



ブログを書く為に神戸ファッション美術館のホームページを覗いてみたのですが、大変素晴らしい!いつの間にこんなに良いページになっていたんでしょうか。以前のページがどんなだったか記憶にありませんが、多分業者が作っていたんだと思います。現在は、MTかWordPressを使っているような感じがします。学芸員の方達が自ら情報を更新して行けるブログのような仕組みにしているんでしょう。

中身もとても充実していて、このホームページを見ていると、すぐにでも行きたくなります。とくにファッションに関わる人たちにとっては必見の美術館かも知れません。

僕が気になったのは、服飾講座。中でも、ファッションの視点と題したものを是非見て見たいですね。4つあるようですが、下記のような感じです。

 FASHIONとはなにか  
哲学者・鷲田清一氏の監修により神戸ファッション美術館が制作した映像作品「FASHIONとはなにか」を見ながら、“〈私〉の存在のデザイン"をキーワードに、鷲田氏の哲学的な視点から見たファッションについて解説する。

 ジーンズの謎 ~ファッションの経済学~
経済学者・岩井克人氏の監修により神戸ファッション美術館が制作した映像作品「ジーンズの謎」を見ながら、“差異化と模倣"をキーワードに、岩井氏の経済学的な視点から見たファッションについて解説する。

 ファッションの生物学
動物行動学者・日高敏隆氏の監修により神戸ファッション美術館が制作した映像作品「ファッションの生物学」を見ながら、“装いの意味と理由"をキーワードに、日高氏の動物行動学的な視点から見たファッションについて解説する。

 海を渡るモード
博物学の荒俣宏氏の監修により神戸ファッション美術館が制作した映像作品「海を渡るモード」を見ながら、“物質とイメージの交易"をキーワードに、荒俣氏の博物学的な視点から見たファッションについて解説する。



う~ん、これは近々神戸に行きたくなってきました。誰か相手して下さいね。
[2006.06.29(Thu) 06:30] 神戸 KobeTrackback(0) | Comments(5)
↑TOPへ


COMMENT

神戸ファッション美術館の講座 by コックアンパット
私も行きたくなりました。
講座はかなり充実していますね。
正直言って神戸自体に行ったことがないので、いつかは。。。

神戸にはもう一度住みたい by kozo
おはようございます!コックアンパット様、コメント有り難うございます。ショッピングサイトの構築は進んでいますか?楽しみにしていますが、急いで身体を壊したりしないで下さいね。
いつもフランスからの記事を楽しみにしています。

神戸!本当に良いですよー。wataru様も同意してくれるはずです。摩耶ケーブルのすぐ下に住んでいたので、神戸・大阪を一望出来ました。もう一度住んでみたいと、強く思います。

ファッション美術館で写真展をした時とはサービスがかなり異なって、どんどん良くなっている感じですね。ギャラリーの使用料は以前と変わらず一日5000円ですね。コックアンパットさんの扱う子供服の展示会を開催するなんてのは企画としていかがですかね?!営利目的の場合一日1万円ですけど。

神戸はいいですよね。 by 亮太
大学の同じキャンパスに5年ほど通ってますけど、そこから見える景色には、いまだに飽きませんね。いつ見てもかっこいいです。
神戸に来られた際には、絶対声をかけてくださいね!

サイト by コックアンパット
いつも応援してくれてありがとう。
頑張らなくては。。。
1万円でギャラリ-スペ-スを貸してもらえるとはいいですね。そこで展示をすれば、神戸に初めて足を踏み入れることになりますね。
夢が膨らみます。

雨上がり by Kozo
おはようございます。今日の福岡は昨日の大雨もやみ、青空も顔をのぞかせています。

亮太様、
絶対声かけます近々行きたいです。

コックアンパット様、
神戸での子供服展示会、いいかもしれませんねー、ホントに。地元のケーブルテレビ局にコマーシャルを作ってもらうと良いですね。効果はありましたよ、やっぱり。福岡ー神戸ー東京、での展示会、企画して下さい!

コメントを閉じる▲

 ← 今年はどうしよう・・・ | TOP | 新しいgoogle earth...こりゃすごい

COMMENT

私も行きたくなりました。
講座はかなり充実していますね。
正直言って神戸自体に行ったことがないので、いつかは。。。
[ 2006.06.29(Thu) 16:50] URL | コックアンパット #- | EDIT |

おはようございます!コックアンパット様、コメント有り難うございます。ショッピングサイトの構築は進んでいますか?楽しみにしていますが、急いで身体を壊したりしないで下さいね。
いつもフランスからの記事を楽しみにしています。

神戸!本当に良いですよー。wataru様も同意してくれるはずです。摩耶ケーブルのすぐ下に住んでいたので、神戸・大阪を一望出来ました。もう一度住んでみたいと、強く思います。

ファッション美術館で写真展をした時とはサービスがかなり異なって、どんどん良くなっている感じですね。ギャラリーの使用料は以前と変わらず一日5000円ですね。コックアンパットさんの扱う子供服の展示会を開催するなんてのは企画としていかがですかね?!営利目的の場合一日1万円ですけど。
[ 2006.06.30(Fri) 08:50] URL | kozo #- | EDIT |

大学の同じキャンパスに5年ほど通ってますけど、そこから見える景色には、いまだに飽きませんね。いつ見てもかっこいいです。
神戸に来られた際には、絶対声をかけてくださいね!
[ 2006.06.30(Fri) 17:18] URL | 亮太 #- | EDIT |

いつも応援してくれてありがとう。
頑張らなくては。。。
1万円でギャラリ-スペ-スを貸してもらえるとはいいですね。そこで展示をすれば、神戸に初めて足を踏み入れることになりますね。
夢が膨らみます。
[ 2006.06.30(Fri) 18:32] URL | コックアンパット #- | EDIT |

おはようございます。今日の福岡は昨日の大雨もやみ、青空も顔をのぞかせています。

亮太様、
絶対声かけます近々行きたいです。

コックアンパット様、
神戸での子供服展示会、いいかもしれませんねー、ホントに。地元のケーブルテレビ局にコマーシャルを作ってもらうと良いですね。効果はありましたよ、やっぱり。福岡ー神戸ー東京、での展示会、企画して下さい!
[ 2006.07.02(Sun) 09:30] URL | Kozo #- | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://viaud.blog16.fc2.com/tb.php/328-7493d558
 ← 今年はどうしよう・・・ | TOP | 新しいgoogle earth...こりゃすごい

Blog全タイトルを見てみる

プロフィール

高田耕造

Author:高田耕造

広島生まれの福岡育ち。高校は県立福岡高校。エスカレーター式に福高研修学園に進み浪人生活。その後、震災の年に神戸大学に入学。馬術部に入るも、馬の後ろ蹴りを受け、自分の鈍くささに嫌気がさすとともに馬に申し訳なく、退部する。部活をやめて、内なるエネルギーを学業に注ぐと思いきや、突然実家の福岡までチャリンコでGOー!3日間で福岡に到着。初日に5キロ以上体重が落ちたことに驚愕する。
体力もあり、爽やか青年のかっこいい旅物語のようにも想像されるが(されない?!)そうは問屋が卸さない。ゴール間近の3号線で「ビデオ・ランジェリー葉山」に気を取られ、その瞬間、ガードレールに激突。血だらけになりながら外れたチェーンを修理し、最後の帰路につく。
大学では神戸松蔭女子学院大学でフランス語をマダムたちと学んだ後、ボルドーへぶどう摘みに。このブログはその時の思い出から始まる。

在学中に結婚。はれてヒモとなる。奥さんに手作り弁当を手渡し、「いってらっしゃいまし」の日々。先日、ベリーズに住む友人とチャットをしていて「僕は妻と地球にパラサイト」っていったら素敵な表現だと褒めてくれた!「妻にパラサイト」が素敵?!
んなワケねーか・・・。サッカーのワールドカップ期間中、ベルギー国営放送のクルーたちとベルギーチームとともに日本を巡る。なんちゃってフランス語も時には役に立つ。先日の戦後60年に関するRTBFの取材は僕にとってもかなり勉強になった。
しかーし、リストラの波はヒモにもやってきた。ヒモ解雇。大学院を中退し、2004年から福岡で久留米絣の仕事に従事。
現在はまた神戸に戻ってきました!

カテゴリメニュー

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
著作権フリーのフランス写真

ぶどう摘み体験記

Dimaine de Viaud
powered by
Domaine de Viaud
Domaine de Viaud ブログ
ワイナリー関連記事

最近のコメント

月別アーカイブ