FC2ブログ
TOP > ぶどう摘みの季節には
 ← マダム! a la maison Marius BIELLE | TOP | 初めてのワイン Domaine de Viaud

リストマーク ぶどう摘みの季節には 

カテゴリー: ぶどう摘み体験記 | 2005年07月24日 ()
お料理には、まず田舎風スープが出てきた。ニンジンやジャガイモなどいろんな野菜が入っていてすごく美味しい。そして、真っ赤なトマトを刻んだ上に鮮やかな緑のネギ。ヘー、フランスでもネギを食べるんやねと思ったが、よーく見るとピーマンを細かく刻んで上からかけている。


赤と緑がすごく綺麗だった。文章にしているからといって誇張して書いているわけではなく、本当に鮮やかな赤と緑だった。こちらのマーケットに行くと「着色したやろ?」と言いたくなるほど鮮やかな色の野菜が並べてあるのだ。

グリーンピースを炊いたものの後に、グリルド・チキンが出てきた。そのとき、料理をつくっている(キュイズィニエの)ジャニンヌがジョークでみんなを笑わせた。マダムが必死に説明してくれるがいっこうに分からない。でも、みんなにつられて僕も笑っていた。「分かりませんけど、楽しいってことは分かります。」と言っておいた。

ぶどう摘みの季節は実りの季節。暑いなか汗を流した後の食事はうまい。ましてや
そこで出来たワインとはトレボン・マリアージュに決まってる?!
花

[2005.07.24(Sun) 13:42] ぶどう摘み体験記Trackback(0) | Comments(2)
↑TOPへ


COMMENT

by gogoman
ウチの近所に、少し前までタイユヴァンのカーヴだった「ラ・ヴィネ」というフランスワイン店があります。
そこで、DOMAINE DE VIAUDのことを訊くと、
「以前タイユヴァンのラベルで大きくLALANDE DE POMEROLと表記されていたものでは?」
というお答えでした。
そんな形で扱われていたとは、つゆ知らず。
しかし、いずれにしても、DOMAINE DE VIAUDは今後入荷の予定はないそうです。
う~む。DOMAINE DE VIAUD入手への道へ険しい。

by kozo
タイユヴァンのラベルで販売とは全然しりませんでした・・・。今度聞いてみますね。
10月4日に次のcuvee special のボトルに採用される絵を書いた方の個展が東京で開かれる
そうです。その時、ちょっとした飲み物もでるヴェルニサージュがあるそうなのですが、
その時にはDomeine de Viaud がでるかもしれませんね。
ただ、今のところネット上で販売しているお店は知らないです・・・。
今度、ボルドーに行ったとき訪ねてみては?!
快く迎え入れてくださるはずですよ!
vernisageの時間や場所は又追ってご紹介いたしますね。

コメントを閉じる▲

 ← マダム! a la maison Marius BIELLE | TOP | 初めてのワイン Domaine de Viaud

COMMENT

ウチの近所に、少し前までタイユヴァンのカーヴだった「ラ・ヴィネ」というフランスワイン店があります。
そこで、DOMAINE DE VIAUDのことを訊くと、
「以前タイユヴァンのラベルで大きくLALANDE DE POMEROLと表記されていたものでは?」
というお答えでした。
そんな形で扱われていたとは、つゆ知らず。
しかし、いずれにしても、DOMAINE DE VIAUDは今後入荷の予定はないそうです。
う~む。DOMAINE DE VIAUD入手への道へ険しい。
[ 2005.07.24(Sun) 00:05] URL | gogoman #- | EDIT |

タイユヴァンのラベルで販売とは全然しりませんでした・・・。今度聞いてみますね。
10月4日に次のcuvee special のボトルに採用される絵を書いた方の個展が東京で開かれる
そうです。その時、ちょっとした飲み物もでるヴェルニサージュがあるそうなのですが、
その時にはDomeine de Viaud がでるかもしれませんね。
ただ、今のところネット上で販売しているお店は知らないです・・・。
今度、ボルドーに行ったとき訪ねてみては?!
快く迎え入れてくださるはずですよ!
vernisageの時間や場所は又追ってご紹介いたしますね。
[ 2005.07.24(Sun) 14:51] URL | kozo #tf6aRaL2 | EDIT |

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://viaud.blog16.fc2.com/tb.php/20-2ea086af
 ← マダム! a la maison Marius BIELLE | TOP | 初めてのワイン Domaine de Viaud

Blog全タイトルを見てみる

プロフィール

高田耕造

Author:高田耕造

広島生まれの福岡育ち。高校は県立福岡高校。エスカレーター式に福高研修学園に進み浪人生活。その後、震災の年に神戸大学に入学。馬術部に入るも、馬の後ろ蹴りを受け、自分の鈍くささに嫌気がさすとともに馬に申し訳なく、退部する。部活をやめて、内なるエネルギーを学業に注ぐと思いきや、突然実家の福岡までチャリンコでGOー!3日間で福岡に到着。初日に5キロ以上体重が落ちたことに驚愕する。
体力もあり、爽やか青年のかっこいい旅物語のようにも想像されるが(されない?!)そうは問屋が卸さない。ゴール間近の3号線で「ビデオ・ランジェリー葉山」に気を取られ、その瞬間、ガードレールに激突。血だらけになりながら外れたチェーンを修理し、最後の帰路につく。
大学では神戸松蔭女子学院大学でフランス語をマダムたちと学んだ後、ボルドーへぶどう摘みに。このブログはその時の思い出から始まる。

在学中に結婚。はれてヒモとなる。奥さんに手作り弁当を手渡し、「いってらっしゃいまし」の日々。先日、ベリーズに住む友人とチャットをしていて「僕は妻と地球にパラサイト」っていったら素敵な表現だと褒めてくれた!「妻にパラサイト」が素敵?!
んなワケねーか・・・。サッカーのワールドカップ期間中、ベルギー国営放送のクルーたちとベルギーチームとともに日本を巡る。なんちゃってフランス語も時には役に立つ。先日の戦後60年に関するRTBFの取材は僕にとってもかなり勉強になった。
しかーし、リストラの波はヒモにもやってきた。ヒモ解雇。大学院を中退し、2004年から福岡で久留米絣の仕事に従事。
現在はまた神戸に戻ってきました!

カテゴリメニュー

カレンダー

01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
著作権フリーのフランス写真

ぶどう摘み体験記

Dimaine de Viaud
powered by
Domaine de Viaud
Domaine de Viaud ブログ
ワイナリー関連記事

最近のコメント

月別アーカイブ