FC2ブログ
TOP > ボルドーワインフェスティバル 2006
 ← 風邪の効用 野口晴哉著 | TOP | パリの屋根裏から

リストマーク ボルドーワインフェスティバル 2006 

カテゴリー: ボルドー Bordeaux | 2005年12月14日 ()

keep on smiling



2006年6月29日から7月2日までの4日間、ボルドーワインフェスティバルというものがボルドーで開催されます。


ここにボルドーの姉妹都市である福岡市がパビリオンを特別出展するそうです。残念ながら僕にお声は掛かりませんでしたが(あたりまえか・・・)、旅行に行く計画のある人は、ここも候補地の一つに入れても良いのではないでしょうか?

画像をクリックすると、このフェスティバルを主催するボルドー委員会のホームページに飛べます。このホームページでは、ワインの輸出実績やシャトーの情報など、ボルドーワインに関する様々な統計データを見る事が出来ます。ワイン自体の知識を深めるにも最適のホームページですね。

このホームページの中にボルドーの産地が紹介されていますが、

 ・ メドック地区
 ・ グラーヴ地区
 ・ リブルネ地区
 ・ コート地区
 ・ アントル・ドゥー・メール地区
 ・ ボルドー地区

このような地区に区分されています。僕がいつも紹介している Domaine de Viaud は、この中のリブルネ地区に該当します。


リブルネ地区は更に下記のように分類されているのですが、Domaine de Viaud はLalande-de-Pomerol の中にあります。

フロンサック Fronsac
カノン・フロンサック Canon-Fronsac
ラランド・ド・ポムロール Lalande-de-Pomerol
ポムロール Pomerol
サン・テミリオン Saint-Emilion
サン・テミリオン・グラン・クリュ Saint-Emilion Gand Cru
リュサック・サン・テミリオン Lussac Saint-Emilion
サン・ジョルジュ・サンテミリオン Saint-Georges Saint-Emilion
モンターニュ・サン・テミリオン Montagne Saint-Emilion
ピュイスガン・サン・テミリオン Puisseguin Saint-Emilion


リュセットは実は他にもぶどう畑を持っているのですが、そのぶどう畑は上記リストの中の Fronsac にあります。そこで生産されているワインは Ch?teau Bellevue Montaigu と言います。
Chateau Bellevue Montaigu


久しぶりにDomaine de Viaud を飲みたいですね~。でも奥様は風邪で寝込んでしまっています。困った困った。「風邪の効用」をもう一度読んで復習しなければ行けませんね。もう3回くらい読んでいるんですけど・・・。実践しなくては。





続・ワイン味わいのコツ ブルゴーニュ、ボルドー&ローヌ


きいろの香り ボルドーワインの研究生活と小鳥たち


ワインの女王 ボルドー クラシック・ワインの真髄を探る


Madame Figaro voyage Japon 自然とワインを愛するすべての人々へボルドーを巡る旅。


ボルドー ワインの宝庫を訪ねて


ボルドー 消費者に贈る世界最良ワインのガイド




[2005.12.14(Wed) 00:50] ボルドー BordeauxTrackback(0) | Comments(0)
↑TOPへ


 ← 風邪の効用 野口晴哉著 | TOP | パリの屋根裏から

COMMENT

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

この記事のURL:
http://viaud.blog16.fc2.com/tb.php/146-4a4e09b3
 ← 風邪の効用 野口晴哉著 | TOP | パリの屋根裏から

Blog全タイトルを見てみる

プロフィール

高田耕造

Author:高田耕造

広島生まれの福岡育ち。高校は県立福岡高校。エスカレーター式に福高研修学園に進み浪人生活。その後、震災の年に神戸大学に入学。馬術部に入るも、馬の後ろ蹴りを受け、自分の鈍くささに嫌気がさすとともに馬に申し訳なく、退部する。部活をやめて、内なるエネルギーを学業に注ぐと思いきや、突然実家の福岡までチャリンコでGOー!3日間で福岡に到着。初日に5キロ以上体重が落ちたことに驚愕する。
体力もあり、爽やか青年のかっこいい旅物語のようにも想像されるが(されない?!)そうは問屋が卸さない。ゴール間近の3号線で「ビデオ・ランジェリー葉山」に気を取られ、その瞬間、ガードレールに激突。血だらけになりながら外れたチェーンを修理し、最後の帰路につく。
大学では神戸松蔭女子学院大学でフランス語をマダムたちと学んだ後、ボルドーへぶどう摘みに。このブログはその時の思い出から始まる。

在学中に結婚。はれてヒモとなる。奥さんに手作り弁当を手渡し、「いってらっしゃいまし」の日々。先日、ベリーズに住む友人とチャットをしていて「僕は妻と地球にパラサイト」っていったら素敵な表現だと褒めてくれた!「妻にパラサイト」が素敵?!
んなワケねーか・・・。サッカーのワールドカップ期間中、ベルギー国営放送のクルーたちとベルギーチームとともに日本を巡る。なんちゃってフランス語も時には役に立つ。先日の戦後60年に関するRTBFの取材は僕にとってもかなり勉強になった。
しかーし、リストラの波はヒモにもやってきた。ヒモ解雇。大学院を中退し、2004年から福岡で久留米絣の仕事に従事。
現在はまた神戸に戻ってきました!

カテゴリメニュー

カレンダー

09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
著作権フリーのフランス写真

ぶどう摘み体験記

Dimaine de Viaud
powered by
Domaine de Viaud
Domaine de Viaud ブログ
ワイナリー関連記事

最近のコメント

月別アーカイブ