TOP > CATEGORY > 一枚の写真から
TOP

リストマーク 華には花を ~入籍おめでとう!~ 

カテゴリー: 一枚の写真から | 2008年11月11日 ()

学生寮時代の後輩と奥さんの福岡の職場の後輩が本日(ポッキーの日に)めでたく、入籍しました!

おめでとう!

先日、婚姻届に保証人としてサインさせてもらいました。有り難いことです。自分の入籍のときに「妻になる人」の欄にサインをしようとして、その場にいた全員に一斉に突っ込まれた私ですので、「ちゃんと」婚姻届けが2枚用意されていました。配慮が行き届いているというか、なんというか、逆に私はますます緊張する訳です(泣)・・・。
>>↓続きを読む↓<< 

[2008.11.11(Tue) 23:54] 一枚の写真からTrackback(0) | Comments(1) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

管理人のみ閲覧できます by -

コメントを閉じる▲

リストマーク 永遠の越路吹雪 

カテゴリー: 一枚の写真から | 2008年10月23日 ()

現在開催中の写真展をご紹介です。以前紹介した松本徳彦さんの写真展が今、コニカミノルタプラザで開催中です!

お時間のある方は是非!!

この展示会を紹介したコニカミノルタのページに下記のように紹介されています、。

かつてスターと呼ばれる人たちが各界にいて輝いている時代がありました。日本のシャンソン界にも昭和40年~昭和50年代にかけて活躍し、女王と呼ばれた越路吹雪がいました。
その舞台、プライベートを14年にわたり見つめ続け、撮り続けた松本徳彦の越路吹雪のすべてというべき写真展です。その写真は色あせず、今でも写真から越路吹雪の歌声、躍動、息づかいが聞こえ、華麗なるステージを再現してくれます。シャンソンブームといわれる昨今ですが、いまなお輝きを失わない越路吹雪の魅力に触れていただきたいと思います。



ポスターのデータを頂いていたので、Zoomifyで紹介したいと思います。30日(木)までの開催です。
>>↓続きを読む↓<< 

[2008.10.23(Thu) 13:29] 一枚の写真からTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 益田凡夫展 ーフォトモンタージュー 

カテゴリー: 一枚の写真から | 2008年08月21日 ()
2008年9月30日(火)~ 10月5日(
午前9時~午後5時半
福岡市美術館市民ギャラリーA室
福岡市中央区大濠公園1-6
TEL092-714-6051
益田凡夫展 ーフォトモンタージュー

益田凡夫展 ~フォトモンタージュ~


以前、パリの街角 というエントリーで紹介した、専門家とは益田先生のことです。既に80を超えているとは思えない、溌剌とした作品にはいつも力をもらいます。これ本当。

前にも書きましたが、
「点描画は絵の具で混色せずに、網膜で混色したんだよね。」
といった言葉は今でも時折思い出します。まだひと月先ですが、是非行ってみてくださいね。


[2008.08.21(Thu) 00:40] 一枚の写真からTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク ボルドーの朝焼け 

カテゴリー: 一枚の写真から | 2007年05月16日 ()
久しぶりに写真を一枚。もう10年も前に撮影した写真。確かフィルムはvelviaでカメラはもちろんOM-1(シャッター音はこちら
>>↓続きを読む↓<< 

[2007.05.16(Wed) 00:25] 一枚の写真からTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 完全失念。 

カテゴリー: 一枚の写真から | 2007年02月16日 ()
先日、ブログにまで書いていたのに完全に失念。

薬院駅でバスを待っているところに会社の先輩からメールで知らせを受け完全に忘れていたことに呆然。あーあ。
>>↓続きを読む↓<< 

[2007.02.16(Fri) 00:03] 一枚の写真からTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク xRez 現代のデジタル技術が可能にした世界 

カテゴリー: 一枚の写真から | 2007年01月11日 ()
xRezというグループがあります。ホームページの冒頭によれば、

xRezは超高解像度のデジタル写真の出現により可能になった新たな創造的機会を探求する国際的デジタルアーティストの集団です。これは写真技術における第二の革命であり、かつて経験したことのない圧倒的なリアル感やインパクトを写真経験にもたらすに違いありません。」


>>↓続きを読む↓<< 

[2007.01.11(Thu) 23:23] 一枚の写真からTrackback(0) | Comments(2) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

by akihiko
すごいの一言。
どうやって撮影しているのかそっちも気になりました。

いろんな応用ができそうですね。

まったく by kozo
ほんと、どうやって撮影をしているんですかね?知りたいところです。ちょっと調べてみようかな。

コメントを閉じる▲

リストマーク 越路吹雪 愛の讃歌と世界の舞台芸術家 

カテゴリー: 一枚の写真から | 2006年09月19日 ()

先日からお伝えしていた、松本徳彦写真展に土曜日、行ってきました。越路吹雪さんの様々な表情が白黒フィルムを中心に収められていました。もちろんカラー写真もありますが、個人的には白黒写真が好きです。
>>↓続きを読む↓<< 

[2006.09.19(Tue) 00:57] 一枚の写真からTrackback(0) | Comments(2) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

by コックアンパット
展覧会へ行かれたのですね。
どうもありがとうございます。

台風の被害がすごいようですね。

行って参りました! by kozo
時折小雨の降る日でしたが、僕らが行ったときは幸い雨も降らず、助かりました。当初の予定だった宮崎行きを台風接近でキャンセルしたと伺ったのですが、良かったですね。宮崎では竜巻で特急電車が脱線したり被害がすごかったようですし。

コメントを閉じる▲

リストマーク 松本徳彦写真展 明日から九州産業大学美術館にて 

カテゴリー: 一枚の写真から | 2006年09月15日 ()
以前お伝えした写真展「越路吹雪 愛の讃歌と世界の舞台芸術家」が明日からスタートです。明日は仕事で行けませんが、土曜日に行こうと思っています。今から楽しみです。
松本徳彦写真展
[2006.09.15(Fri) 00:31] 一枚の写真からTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 松本徳彦写真展「越路吹雪 愛の讃歌と世界の舞台芸術家」 

カテゴリー: 一枚の写真から | 2006年08月16日 ()

このブログにも何度か登場したスポーツ記者の先輩から、今日メールが届いたので、ご紹介。
>>↓続きを読む↓<< 

[2006.08.16(Wed) 02:34] 一枚の写真からTrackback(0) | Comments(6) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

越路吹雪写真展 by コックアンパット
こんにちは。ありがとうございます。
福岡での展覧会なので、是非足を運んでください。
東京出張の際にWさんより招待状を受け取ってくださいね。
いまなお多くの方が越路吹雪を慕っているというのも、やはり彼女の華やかで心にしみる歌いっぷりに泣き笑いしてしまうからでしょう。
今度日本に帰ったらCDを持って帰り、彼女が歌うピアフ日本語版をフランス人に聞かせてあげようと思っています。

今から楽しみです! by kozo
コックアンパット様、
コメントありがとうございます!今から写真展のことが楽しみです。コックアンパットさんよりもお父様に先にお会いすることになるかもしれないと考えると面白いものですね。

写真展のご紹介ありがとう by 松本徳彦
九州産業大学美術館での写真展「越路吹雪愛の讃歌と世界の舞台芸術家」展をご紹介頂きありがとうございます。
初日9月15日(金)午後にはトークショウ「写真家への道」を行います。私の50年の体験を、これから写真家になろうとする方に体験談を話す予定です。
ご聴講下さい。
会場には15,16日はいます。後は10月8日です。

ありがとうございます。 by kozo
松本様、

コメントありがとうございます!ご本人から直接コメントを頂くなんて恐縮です。15日に仕事がなかったらトークショウが聴けるのに・・・、と非常に残念です。九産大の学生さんたちで写真を専攻されている方達が出席されるのでしょうね。羨ましいです。妹はそこの短大で学んでいました。写真の授業もあったそうです。
個展、とても楽しみにしています。

お知らせありがとうございます by 梅ちゃん
今、私に必要な事柄が届いた感じでした。時間あれば写真展やトークショーも聞きたいものです。
それからフランスワインを好んで飲むので楽しくブログ拝見しました。

ありがとうございます! by kozo
梅ちゃん様、
コメント有り難うございます!トークショーは是非聞きたいですね。松本さんのご家族がまたみなさん多彩で、圧倒されます。パリで子供服の卸、東京でフラワーアレンジメントなどなど。
ワイン、お好きなんですね。是非、私が紹介しているワイナリーにいつか行ってみて下さい!

コメントを閉じる▲

リストマーク ひとやすみ 

カテゴリー: 一枚の写真から | 2006年07月01日 ()

今日は会社で大掃除と机の移動。不要な書類をあらかた処分して、机はすっきり。紙を増やさない様にしようと、弱気に誓う。帰りはいつも西鉄久留米駅から特急。電車が来るまで時間のあるときはベンチに座る。そこに今日は鳩が座っていました。

>>↓続きを読む↓<< 

[2006.07.01(Sat) 22:23] 一枚の写真からTrackback(0) | Comments(2) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

by amano
鳩がベンチに座るんだ~。珍しかね。隣のお婆ちゃんの表情もよか。

デジカメ by kozo
amano様、コメントありがとう!!

元気にしてますか?最近はデジカメを持ち歩いています。
良い場面に遭遇したら、ついつい撮りたくなってしまいます・・・。

コメントを閉じる▲

リストマーク パリの街角 

カテゴリー: 一枚の写真から | 2006年06月21日 ()

街に表情があるのか、街に表情を読むのか、どちらかに決定する事は無論出来まい。だけれども、写実と印象のようにどちらに傾倒して表現を行うかは、時代によって好みがあるようだ。写実の徹底も印象の徹底もそのどちらも、その境界線の曖昧さに当惑する。その当惑ぶりこそが味だ。そう思う。
>>↓続きを読む↓<< 

[2006.06.21(Wed) 22:51] 一枚の写真からTrackback(0) | Comments(6) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

by mint
はじめまして!
ボルドーで検索してたどり着きました。
とってもきれいな写真ですね!!!
私は今年の9月からボルドーに留学するので、
とても興味深いです!!
せっかくボルドーに行くのだからワイン畑も見てきたいな~、て思ってます。
ぜひ、参考にさせてください☆
また遊びに来ます!

こんにちは! by Kozo
mint様、
コメントありがとうございます!ボルドーに行かれるんですね!羨ましいです!是非、Domaine de Viaudにも行ってみて下さい!歓迎してくれるはずです!9月の初旬にvendangesがあるので、引っ越し後忙しいでしょうが、暇があったらどうですか?

by mint
9月中旬から学校が始まるので、8月下旬に渡仏しますi-37
ワイン畑、いいですね~!!!先輩から「8月に着いたら早くワイン畑に行かないとぶどうなくなってワイン畑ってわからなくなるよi-229」と言われたので早く行かないと、て思ってます。
行くときはよろしくお願いしますi-281
あと…恥ずかしながらvendangesて何ですか…?i-238

網膜 by たかはし
網膜では、色の感覚を行う部分(錐状体)と、明暗を感覚する部分(杵状体)があります。杵状体は、網膜の中心(本当は中心でなく少し外側寄り)に多く、錐状体は中心から外れたところに多い。
これは、例えば、真っ暗闇で、真正面から来る物体が、すれ違いざまいきなり見えるという現象などは、これらのため。


何が言いたいかと言いますと、視軸をずらしてみるとか、ピントをずらして絵を見てみると、結構変化があって面白いですよ。

こんばんは by wako
はじめまして。
mixiからお伺いいたしました。
楽しいサイトですね。
ベルギーで通訳をされていたなんて手放しで凄い!
フランス語を勉強していますがなかなか出来ません。年数ばかりが経っていくようです。とにかく時制の切り替えが大変で。
葡萄摘み体験をしてみたい。そしてワインの仕込みも。日本酒の仕込みは体験した事あるので今度はワインをということです。2001年にツールーズの近くにいた時、葡萄摘み体験が出来るのを知ったのですが
ちょうど終わっていた時期でした。残念!!
それではまたよろしく。

by Kozo
たかはし様、
コメントありがとうございます。専門的なコメントがもらえるのでいつも楽しみにしております。そろそろ明太子を送らねば!

wako様、
コメントありがとうございます!ベルギーで通訳とかはしてないんですけど、ベルギーの放送局の「なんちゃって」通訳とかは少々させて頂きました。
ぶどう摘みに行く予定は無いのですか?きっと楽しいですよ。

コメントを閉じる▲

リストマーク ワインと生きるじっちゃん達は元気かな? 

カテゴリー: 一枚の写真から | 2006年03月28日 ()

一枚の写真からというカテゴリーで今日のエントリーなのに、今回は連作で参ります。Domaine de Viaud で色々と世話になった方達の中の2人です。

>>↓続きを読む↓<< 

[2006.03.28(Tue) 20:25] 一枚の写真からTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク わが人生に悔いなし 

カテゴリー: 一枚の写真から | 2006年03月27日 ()

去年、大分の由布院に行った時に見つけた車です。

>>↓続きを読む↓<< 

[2006.03.27(Mon) 02:26] 一枚の写真からTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク coucou ! ~ねえねえ、みてみて!~ 

カテゴリー: 一枚の写真から | 2006年03月18日 ()

この一枚の写真からいつも決まって思い出すフランス語があります。
>>↓続きを読む↓<< 

[2006.03.18(Sat) 23:53] 一枚の写真からTrackback(0) | Comments(3) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

by くにを
「私はここよ」

そりゃ感動するやろねぇ。生きてることの喜びすら感じれるかもね。
その子の写真は俺の好きな写真のひとつです。

by マリリン
なるほど。。素敵ですね。。v-254

I'm here by Kozo
英語で言われたとしても、Look at me ! よりI'm here.の方がなんかジーンときそうですものね。

コメントを閉じる▲

リストマーク アルルの女 

カテゴリー: 一枚の写真から | 2006年03月16日 ()

以前、私の先生の本と写真を紹介しましたが、その時の写真はアルルで撮ったものです。
>>↓続きを読む↓<< 

[2006.03.16(Thu) 23:53] 一枚の写真からTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク フランス南部の港町 

カテゴリー: 一枚の写真から | 2006年03月10日 ()

南仏の海辺
>>↓続きを読む↓<< 

[2006.03.10(Fri) 20:02] 一枚の写真からTrackback(0) | Comments(4) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

by marie-claire
何回も行ったくせに恥ずかしいのですが(確かにここで写真をとりましたが)、ここSeteで合ってます?この後ろの街がってことですよね? ベルナールが言うんだからそうですよね?強くOUIと言っていただくと私も自信が持てるのですが・・ 

小さくoui... by kozo
marie-claire様
いつもコメントありがとうございます。力強くOUIと言いたいのですが、基本的に自分の記憶力を信じていませんので、小さくouiです。今度写真を送って確かめてみますね。

そうですか・・・ by marie-claire
いや、でもSeteに行った日に違いはないですよね。・・・違いはないっていうか・・・、たぶん・・・。Bouzigue行く途中とかだったかもと思うんですが、それも同じ日かしら。
・・・いいかげんだなあ、私も。
私も先生に確認したいところですが、いまさら恥ずかしくて聞けません・・・・。
でも、これって、神戸か横浜か、みたいな決定的な(?)ものじゃなくて、逗子か湘南か、くらいの、微妙なとこですよね、許されますよね(・・ってどうなんでしょうか・・)

Bouzigue by kozo
そうですねー。あの時に撮った写真も残してあるのですが、日付とかがきちんと整理されていないので、フィルムの一枚目と最後を他のものと見比べながら時系列にしなくては・・・。
Bouzigueの写真もまた今度アップしたいと思います!

コメントを閉じる▲

リストマーク OLYMPUS の一眼レフ OM-1のシャッター音 

カテゴリー: 一枚の写真から | 2006年03月04日 ()

この一つ前の記事でOM-1をオリンパスさんにオーバーホールしていただいた話を書きました。
>>↓続きを読む↓<< 

[2006.03.04(Sat) 11:51] 一枚の写真からTrackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 一枚の写真から 

カテゴリー: 一枚の写真から | 2006年03月04日 ()

新コーナーを作りました。私の首振りiMacの中には3万枚くらい写真が入っています。その中の写真を1枚ずつ紹介して行くコーナーです。
>>↓続きを読む↓<< 

[2006.03.04(Sat) 11:22] 一枚の写真からTrackback(0) | Comments(2) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

感想です。 by 亮太
そういうところは、本当にすごいですよね。冗談ではなく、勉強になります。
僕はそんなことは思いもつかないだろうし、思いついてもなかなか行動に移せないと思うんですよ。
というのも、相手方の会社の事情を内部化してしまって、勝手にそれは駄目だろうとかって結論を出してしまうからなんですよね。相手のことを思いやるというのとはまた違うんですけど。自分の中で完結させてしまう。
相手方を自分の中に取り込んでしまうがために、コミュニケーションを最初から拒絶してしまうっていうことは、よくあることなのかもしれないと思いました。
kozoさんは、自分以外の他者をちゃんと外部のものとして捉えているので、相手方に対して開けているのではないでしょうか。
まだうまくまとまりませんが、そういったことを考えさせられました。

熱病ですね by Kozo
どうして個展なんかやろうと思ったのか全く思い出せませんが、とにかく写真を皆さんに見て欲しかったのでしょうね。新聞社数社に取材以来の企画書みたいなものを送ったりもしましたし、六甲アイランドのケーブルテレビに告知CMも流してもらいましたんですよね。昔も今も「見て見て」病は治りません。色々と寮の先輩・後輩や高校の同級生で京大に行ってた友達に助けられた記憶は忘れられませんね。

コメントを閉じる▲

TOP

Blog全タイトルを見てみる

プロフィール

高田耕造

Author:高田耕造

広島生まれの福岡育ち。高校は県立福岡高校。エスカレーター式に福高研修学園に進み浪人生活。その後、震災の年に神戸大学に入学。馬術部に入るも、馬の後ろ蹴りを受け、自分の鈍くささに嫌気がさすとともに馬に申し訳なく、退部する。部活をやめて、内なるエネルギーを学業に注ぐと思いきや、突然実家の福岡までチャリンコでGOー!3日間で福岡に到着。初日に5キロ以上体重が落ちたことに驚愕する。
体力もあり、爽やか青年のかっこいい旅物語のようにも想像されるが(されない?!)そうは問屋が卸さない。ゴール間近の3号線で「ビデオ・ランジェリー葉山」に気を取られ、その瞬間、ガードレールに激突。血だらけになりながら外れたチェーンを修理し、最後の帰路につく。
大学では神戸松蔭女子学院大学でフランス語をマダムたちと学んだ後、ボルドーへぶどう摘みに。このブログはその時の思い出から始まる。

在学中に結婚。はれてヒモとなる。奥さんに手作り弁当を手渡し、「いってらっしゃいまし」の日々。先日、ベリーズに住む友人とチャットをしていて「僕は妻と地球にパラサイト」っていったら素敵な表現だと褒めてくれた!「妻にパラサイト」が素敵?!
んなワケねーか・・・。サッカーのワールドカップ期間中、ベルギー国営放送のクルーたちとベルギーチームとともに日本を巡る。なんちゃってフランス語も時には役に立つ。先日の戦後60年に関するRTBFの取材は僕にとってもかなり勉強になった。
しかーし、リストラの波はヒモにもやってきた。ヒモ解雇。大学院を中退し、2004年から福岡で久留米絣の仕事に従事。
現在はまた神戸に戻ってきました!

カテゴリメニュー

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
著作権フリーのフランス写真

ぶどう摘み体験記

Dimaine de Viaud
powered by
Domaine de Viaud
Domaine de Viaud ブログ
ワイナリー関連記事

最近のコメント

月別アーカイブ