TOP > CATEGORY > ぶどう摘み体験記
TOP | NEXT

リストマーク フランス写真一覧 (ボルドーでのぶどう摘み) 

カテゴリー: ぶどう摘み体験記 | 2012年03月20日 ()

これまでボルドーでのぶどう摘みの写真を置いていたサーバーの期限が切れたので、facebook上にまとめてあるところにリンクしました。下記よりご覧下さい。

Les vendanges


[2012.03.20(Tue) 10:19] ぶどう摘み体験記Trackback(0) | Comments(4) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

by mint
こんばんは!
本当に写真きれいですねi-189
私も向こうでステキな写真をたくさん撮りたいです。
今日は平尾のセ・トレボンのおいしいパンを食べました。フランスにはいっぱいおいしいパンがあるんでしょうね!今から楽しみですi-237

セ・トレボン by kozo
セ・トレボンのパンは本当に美味しいですよね。一度買いに行きました。込んでいて驚きました。パリの駅で買うパンも何となく気分が出て美味しく感じてしまいます。

管理人のみ閲覧できます by -

管理人のみ閲覧できます by -

コメントを閉じる▲

リストマーク ぶどう摘み体験記(les vendanges au Domaine de Viaud)1996 

カテゴリー: ぶどう摘み体験記 | 2006年02月08日 ()
9年前の秋、フランスに向かう機内でつけ始めた日記は4日目で終了してしまいました。原稿用紙にして何枚だったでしょうか・・・。結構な量にはなったと思います。途中で断念したのはぶどう摘みやらフランス人との交流で時間がなかったのだと記憶しています。夜の食事は3時間くらいかけてゆっくり食事をして、もちろんそこのワインを飲む訳ですが、やはりいい気分になって直ぐにベッドに突っ伏してしまうといった具合なのでした。


このブログは新しいものから順番に並んでいます。ですので、ぶどう摘み体験記は、戻りつつ読むような感じになります。一気に表示した方が読みやすいと考えましたので、以下に再録します。
>>↓続きを読む↓<< 

[2006.02.08(Wed) 23:24] ぶどう摘み体験記Trackback(0) | Comments(3) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

懐かしい by marie-claire
これ、メールで送ってもらって読んだので覚えてます。印刷したのも
おいてますよ、何回も読んだから、覚えてるフレーズがあったりして。懐かしい、すごく懐かしいです。
写真も。はじめてみたときのこととか、個展のとき見たときのこととか、そういうものまで付随して思い出します。

9年前ですか、うわあ・・・

光陰矢の如しです。 by Kozo
marie-claire様、
いつもコメント感謝です。ホント、ありがとうございます。いやはや、時の流れは早いものです。最近特にそう感じます。これは一体全体なぜなのでしょう・・・。個展で出した写真も今度まとめてブログに載せたいと思っています。

管理人のみ閲覧できます by -

コメントを閉じる▲

リストマーク 著作権フリーのフランス写真 

カテゴリー: ぶどう摘み体験記 | 2005年10月30日 ()

今までのぶどう摘み体験(les vendanges)のときの写真を一気に見られるようにしました。もし写真が気に入ったら使って下さい。著作権フリーです。

より見やすくまとめたページを作りました。
著作権フリーのフランス写真

lightboxの効果で更に見やすくしてあります。サムネイルをクリックしたらページ遷移をせずに、写真が拡大されます。もう一度押すと消えます。


Scan10004.jpg




>>↓続きを読む↓<< 

[2005.10.30(Sun) 10:20] ぶどう摘み体験記Trackback(0) | Comments(1) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

by ( ̄┏∞┓ ̄)/
ストレス発散しませんか?

コメントを閉じる▲

リストマーク ボルドーでの日記が終わってしまいました。 

カテゴリー: ぶどう摘み体験記 | 2005年08月27日 ()
9年前の秋、フランスに向かう機内でつけ始めた日記は4日目で終了してしまったのです。原稿用紙にして何枚だったでしょうか・・・。結構な量にはなったと思いますが、途中で断念したのはぶどう摘みやらフランス人との交流で時間がなかったのだと記憶しています。夜の食事は3時間くらいかけてゆっくり食事をして、もちろんそこのワインを飲む訳ですが、やはりいい気分になってベッドに突っ伏してしまうといった具合なのでした。

>>↓続きを読む↓<< 

[2005.08.27(Sat) 02:53] ぶどう摘み体験記Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 暗証番号にご用心! 

カテゴリー: ぶどう摘み体験記 | 2005年08月26日 ()
日本に葉書を出したいなー。切手を求め売店を探す。財布を覗くと、んー寒いねぇ。「近くにキャッシュサービスがあるよ。」とマテュー。カードでおろすことにした。財布からカードを取りだした僕にマテューが「コーゾー、やらせて!」「え゛?!なんでー?わからんめーもん!」「ボルドーでコーゾーがやってるの見て、暗証番号、覚えてるよ。」「嘘やろ、マテュー!」しかし、僕の代わりに(ちゃんと?)おろしてくれたマテューであった。

>>↓続きを読む↓<< 

[2005.08.26(Fri) 23:59] ぶどう摘み体験記Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク カヌレと裸の女とぶどう畑 

カテゴリー: ぶどう摘み体験記 | 2005年08月25日 ()

2人と別れたあと、僕らは石畳の道をさらに街の奥へと向かって進んでいった。道すがら小さな喫茶店があり、その店頭には何やら黒いお菓子みたいなものが並べてあった。「ん?『カヌレ』って読むのかな?」ボルドー名物とか書いてある。「もしかして!」と思って手帳を開いてみると、やっぱり書いてあった。妹にボルドーへ行ったら食べてこいと言われていてメモっていたのだ。
>>↓続きを読む↓<< 

[2005.08.25(Thu) 01:30] ぶどう摘み体験記Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク セバスチャンとハイジ? 

カテゴリー: ぶどう摘み体験記 | 2005年08月24日 ()
教会の中で何か展示会みたいなものをやっている。階段で二階の方にあがっていくと途中にポスターが貼ってあった。ボルドーと福岡が姉妹都市で「第10回日本の芸術家展」なんてことが書かれてある。実際に中を見てみると絵、彫刻、書道の作品などがあった。不意に、いやーな予感。「こーぞー、これなんて書いてあるん?」
>>↓続きを読む↓<< 

[2005.08.24(Wed) 00:22] ぶどう摘み体験記Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク サンテミリオンへ 

カテゴリー: ぶどう摘み体験記 | 2005年08月23日 ()
家の入り口の脇には紫陽花(あじさい)が咲いている。へー、こんな時期に紫陽花が咲くんだ。日本では梅雨の時期だったよなー。フランスの梅雨は夏が過ぎてやってくるのだろうか?

>>↓続きを読む↓<< 

[2005.08.23(Tue) 00:09] ぶどう摘み体験記Trackback(0) | Comments(2) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

by yodakinbo
サンテエミリオン行きましたぁ!
とっても素敵な世界遺産の街。わたしはワインが大好きでサンテエミリオンのワインショップで働きたい、とか歩いていて思ったものです
 英語と日本語はなんとかなるとして仏語は少しかじった程度です
あ~なつかしいな~ フランス行きたいな~

by Kozo
yodakinboさん、
コメントありがとうございます。なんか数カ国後をマスターすべく勉強してらっしゃるんですね。脱帽です。
フランス・・・。行きたいっすねー。いやー、懐かしい。今度10月に僕が訪れたワイナリーのオーナーが東京に来ます。福岡まで足を伸ばしてほしいと願っている今日この頃です。

コメントを閉じる▲

リストマーク ボルドー駅はドーリア式?イオニア式? 

カテゴリー: ぶどう摘み体験記 | 2005年08月22日 ()
9月22日(日)

45580028.jpg


>>↓続きを読む↓<< 

[2005.08.22(Mon) 23:40] ぶどう摘み体験記Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 男とベッドをともにする夜・・・ 

カテゴリー: ぶどう摘み体験記 | 2005年08月21日 ()
三軒目に入ったのは、ディスコみたいなところなのだが、みんな踊っているわけではなく、だるそうに座っている兄ちゃん、タバコを吹かしながら物思いに耽る男女、キスしまくる恋人達、いろいろだった。音楽がものすごい音量で鳴り響いていて、音で四方をふさがれ動くのにも一苦労という感じだ。

>>↓続きを読む↓<< 

[2005.08.21(Sun) 23:56] ぶどう摘み体験記Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 不味すぎるスパゲティー 

カテゴリー: ぶどう摘み体験記 | 2005年08月20日 ()

さあ、今からがボルドーの夜やね。一軒目に入ったバーはアイリッシュ・バーで、日本でも最近よく見かけるギネスを飲む。くらーい店内にはタバコの煙が充満していて息苦しい。流行ってはいるのだけれど、なんとはなしに、うらぶれた雰囲気が漂っていた。歩いたら少しばかりきしむ木の床に傾いたテーブル。壁には、写真や絵が張ってある。ときおり肩から、駅弁を売る人のように箱をかけた、タバコ売りのおじいさんが入ってくる。あれで生活しているのだ。ダヴィドはタバコを吸うのだけれど、まだなんかぎこちない。ダヴィドのお父さんは、昔ボルドーの方に来ていてマダムからワインを買っていたらしい。そのつてで今回遠いフランスの北の方からやってきたというわけだ。
>>↓続きを読む↓<< 

[2005.08.20(Sat) 23:35] ぶどう摘み体験記Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク Sex Shop からドラゴンボール、紅の豚まで 

カテゴリー: ぶどう摘み体験記 | 2005年08月19日 ()

僕らの座席の前で女の子たちがにぎやかに会話をしていた。マテューが言うにはフランス人ではないらしい。でも、「コーゾー、" Leçon 1, Bonjour ! " だ。」とか言う。フランス語の練習だとか言って、姉ちゃんに声を掛けろというわけだ。「よっしゃ、やっちゃろーやんけ。」と僕は、後ろを向いてきた娘と目があったので「 Bonjour ! 」と声を掛けた。ベルギーからの人達らしい。すぐに英語に切り替えていろいろ話をした。マテューは「コーゾー、本気にしたの?」と言わんばかりの表情だ。電車を降りた後マテューが「コーゾー、やるねー」だって。彼女たちは、卒業したばかりで職がないので、これからボルドーで
>>↓続きを読む↓<< 

[2005.08.19(Fri) 23:50] ぶどう摘み体験記Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク ボルドーの夜へGO! 

カテゴリー: ぶどう摘み体験記 | 2005年08月18日 ()

45600016.jpg


そうそう、今日、明日と仕事がないから僕らは夕方からボルドーへ繰り出すことになっていたんだ。家について用意を済ませた僕らはマダムにリブルンヌ駅まで送ってもらった。ダヴィドが現金を余り持たないからチェックでみんなの切符を買う。あとで、72フラン彼に返さんといかんな。それにしても、なかなか買いおわらんねぇ。「この駅の人は何をもたもたしとーと?」って思っていたが、日本が早すぎるんかなぁ。日本のスーパーとかで買い物すると、
>>↓続きを読む↓<< 

[2005.08.18(Thu) 23:33] ぶどう摘み体験記Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 普通のKISS & KISSの普通 

カテゴリー: ぶどう摘み体験記 | 2005年08月17日 ()
昼食をいただいた後、マダムは僕ら3人を乗せて車を走らせる。この前、見逃したブドウ摘み取り機を見に連れていってくれるのだ。あっ、見えてきました。すごい大きさだ。トラクターを縦横に1,5倍して、高さを2倍した位の迫力だ。今日は明け方雨が降ったので、一台の小さい機械が前を走って風を送りながら、ブドウについた水滴を吹き飛ばしている。

>>↓続きを読む↓<< 

[2005.08.17(Wed) 23:32] ぶどう摘み体験記Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク ワインの花? 

カテゴリー: ぶどう摘み体験記 | 2005年08月16日 ()

ケンカのお陰と言ってはなんだけど、指をけがした僕にとって今日、明日の2連休はありがたい。指で思い出したが、そういえば昨日ワインを作っているところを見せてもらったのだ。昨日は指のことで精一杯だったので忘れていた。うん、確かに見せてもらった。建物のなかはものすごいにおいだった。正確に言えば、ワインのにおいと二酸化炭素の鼻に及ぼす感覚が一体になってすごいのだ。昔、父のお土産の中に入っていたドライアイスを水に入れて遊んでいる時、机の上を漂う白い煙に顔を近づけて息を吸ってしまい「ゲホッゲホッ」。言ってみればまあこんな感じかな。それにきついワインの匂いを足せば大体同じ感覚が得られる。・・・かもしれない。
>>↓続きを読む↓<< 

[2005.08.16(Tue) 14:48] ぶどう摘み体験記Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク カフェオレ、バゲット、ワイン。 

カテゴリー: ぶどう摘み体験記 | 2005年08月15日 ()

26-21-01.jpg


8時くらいに木の階段がきしまないようとにそろーっと降りる。ダヴィドとマテューはまだ寝ているからね。下へ降りるとルセットとM.カローが話をしている。ケンカについて話をしているみたいだ。
>>↓続きを読む↓<< 

[2005.08.15(Mon) 10:49] ぶどう摘み体験記Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク マダムかマドモワゼルか・・・ 

カテゴリー: ぶどう摘み体験記 | 2005年08月12日 ()

9月21日(土)

「指はどげんなっとーかいな?」 起きてすぐ、指の様子を見てみた。よし、順調にくっ付いていきよるな。シーツに血は付いてないし、指をかばいながら寝た甲斐があった。なーんて言ってるが、疲れてたし、指のことなんかお構いなしに豪快ないびきの中で寝とったんやろうね。

>>↓続きを読む↓<< 

[2005.08.12(Fri) 00:43] ぶどう摘み体験記Trackback(0) | Comments(4) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

by 年号ワイン.com
トラックバックありがとうございます。
当ウェブサイトではボルドー地方のワインを博物館的に非常に古い年代まで、スライドショウ形式でご案内しております。
このコンテンツでは、手にした方でないと分からないその魅力や風貌を整理して収蔵しており、現在、ラベル博物館には約1万枚程度の古いボトル画像が保管されています。
・ボトルスライドショウ
http://www.nengou-wine.com/museum/museum.htm
提供するボトル画像に合わせて、アペラシオンごとで背景写真を変更して(※マルゴー地区のボトルはマルゴー地区の背景写真を挿入して)みたいと思いますが、ツテがありません。
どなたか、このような使用目的で背景画像を提供してくださる方がいらっしゃいましたら、是非教えてください。
今後とも宜しくお願いいたします。

by Kozo
コメントありがとうございます。自分の生まれ年のワインを
また飲みたくなってしまいました・・・。
背景画像ですか・・・。著作権フリーの分をまず探すこと
が必要でしょうか・・・。あとはフランス大使館に掛け合って
探してもらうってのはどうですか?文化振興のためなら結構
協力してくれますよ。
以前、写真の個展をやったとき、フランス領事館から「後援」
を頂き、領事からもお手紙を頂きました。
私も背景画像、少し探してみることにします。

by シェタカコ
はじめまして素敵なhpですね~またお邪魔いたします!

ありがとございます! by kozo
シェタカコ様、
コメントありがとうございます!ホームページ見せて頂きました。色々なワインを扱っていらっしゃるのですね。4人もお子さんがいて、ホームページも充実。おそるべし、ママパワー。

コメントを閉じる▲

リストマーク 異次元空間 

カテゴリー: ぶどう摘み体験記 | 2005年08月11日 ()
27210022.jpg


>>↓続きを読む↓<< 

[2005.08.11(Thu) 01:59] ぶどう摘み体験記Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


リストマーク 血が止まらない・・・。 

カテゴリー: ぶどう摘み体験記 | 2005年08月10日 ()
仕事場へ戻るが、血はいっこうに止まらない。気付かれたくないので大丈夫だと言って仕事を始める。左手でブドウの房を支えて右手に持ったはさみでチョキンとするので、この状態ではブドウに血がつく。ハサミを左手に持ちかえて、「おっ、俺って、あったまいー」とほくそ笑む。つくづくアホである。

27210031.jpg


昼まであと2時間くらいある。「早く時間よ過ぎてくれー」とそればかり思っていた。だから余計に長い。

27220031.jpg


やっと、お昼だ。トイレで手を洗うとばんそうこうから血が流れ出てきれいになるが、じきにじわーっと血がにじんでくる。全然止まっていないやんけー。

食事が何であったかは、完全に忘れてしまった。フォークを使うときも中指をかばうようにし、ひた隠しに隠す。フランスパンを手に取ると血がついてしまう。それくらい血が出ていた。昨日はあっという間だった楽しい食事がなかなか終わらない。

食事が終わって、午後は仕事をしないことにした。「手紙などを書きたいので」と休ませてもらって部屋に戻る。

27220032.jpg


何とかして血を止めないかん。僕は、おもむろにばんそうこうをはぎ取ってフーフーと息を吹きかけ始めた。とにかく乾かしてかさぶたを作らないかんね。ベッドに横になり指を心臓より高い位置にして、必死にフーフー。よっしゃ、これは何とかなるばい。酸欠気味になりながら続けていると30分くらいでなんとか傷口がくっついた。

水で流すと、もともこもないので、夜シャワーを浴びるとき左手にローソンのビニールをした。

27250035.jpg







[2005.08.10(Wed) 00:38] ぶどう摘み体験記Trackback(0) | Comments(2) 見る▼
↑TOPへ


COMMENT

by ecco mi
はじめまして。TBいただき、ありがとうございました。ブログを拝見し、写真のすばらしさに見とれてしまいました。フランスの太陽や空気や、人々の息づかいが伝わってきて、見ていて笑顔になります。すごいです。久留米絣もすてき! これからもいいお仕事続けてくださいませ。

by Kozo
ecco miさん
コメントありがとうございます!なんか嬉しい言葉を
頂きましたので、頑張って続けて行こうと思っています!
良かったらまた覗いて下さいませ。

コメントを閉じる▲

リストマーク 流血・・・ 

カテゴリー: ぶどう摘み体験記 | 2005年08月09日 ()
26690026.jpg


9時くらいからだったか、もう少し早い気もするが仕事が始まる。大失敗の予感なんて全くない。足どりも軽く、軽快にステップをふみながら今日の場所へ向かう。もう何をして誰とどんな会話をしたかなんて覚えていない。なぜなら・・・



「サクッ」・・・



やってもーた。中指の内側、爪のそばを切ってしまった。あー、血が



ポタポタ



けっこう深く、肉まで見えている。トイレに行って良いかと聞いて急いで家に戻る。確か10時くらい。ドアの前で車から降りてきた人と挨拶を交わす。しまった、僕の異様に気付いたみたいだ。頼むから心配しないでくれー。マダムに知れたら大変だ。こういう事態を彼女は心配しているんだ。昨日の昼の食事で、マダムとブドウ摘みの仕事について話しているとき僕は当然なんでも手伝いたいと言い、またお給料とかは全く要らないと言っていたのだが、政府のレジストラシオンがなんとかで働かせることは難しいということだった。僕は観光ビザで来ているし、もし事故でも起こったらマダムがひどく面倒なことになるらしい。事を了解した僕はそれ以上言わなかった。

マダムを裏切る事態発生!知られたら絶対まずい。トイレに行って手を洗うが、水が赤く染まるくらい血が出ている。痛さなんか忘れてしまって、とにかくマダムに知られたらまずいとそのことばかりが気になっていた。傷はかなり深く、「これは、二、三針縫わないといかんばい」と思ったが病院に行くわけにはいかん。そのとき、ふと関空で死亡と病気、けがの保険に念のため入ったことが思い浮かんでくる。笑ってしまった。使う絶好の機会だが、病院に行くわけにはいかん。トイレから出て二階の部屋に向かうが、当然のごとく笑顔を振りまく。ジャニンヌが心配そうに「大丈夫?」と聞いてくる。僕は、「ウィ、ウィ」と言って指を隠しながら部屋へ行く。まさか使うとは思わなかったが、今回かなりの枚数のばんそうこうを持ってきていた。あまりの用意の良さに自分一人で感心する。靴下で指を隠し、ばんそうこうを持ってトイレへ。指を洗いばんそうこうをベタベタ貼る。ふと見ると血が床に



ポタポタ



ついているので慌てて靴下で拭いて出る。ばんそうこうを3~4枚重ねているが、血がにじんでくる。

27240028.jpg








[2005.08.09(Tue) 00:57] ぶどう摘み体験記Trackback(0) | Comments(0) 見る▼
↑TOPへ


TOP | NEXT

Blog全タイトルを見てみる

プロフィール

高田耕造

Author:高田耕造

広島生まれの福岡育ち。高校は県立福岡高校。エスカレーター式に福高研修学園に進み浪人生活。その後、震災の年に神戸大学に入学。馬術部に入るも、馬の後ろ蹴りを受け、自分の鈍くささに嫌気がさすとともに馬に申し訳なく、退部する。部活をやめて、内なるエネルギーを学業に注ぐと思いきや、突然実家の福岡までチャリンコでGOー!3日間で福岡に到着。初日に5キロ以上体重が落ちたことに驚愕する。
体力もあり、爽やか青年のかっこいい旅物語のようにも想像されるが(されない?!)そうは問屋が卸さない。ゴール間近の3号線で「ビデオ・ランジェリー葉山」に気を取られ、その瞬間、ガードレールに激突。血だらけになりながら外れたチェーンを修理し、最後の帰路につく。
大学では神戸松蔭女子学院大学でフランス語をマダムたちと学んだ後、ボルドーへぶどう摘みに。このブログはその時の思い出から始まる。

在学中に結婚。はれてヒモとなる。奥さんに手作り弁当を手渡し、「いってらっしゃいまし」の日々。先日、ベリーズに住む友人とチャットをしていて「僕は妻と地球にパラサイト」っていったら素敵な表現だと褒めてくれた!「妻にパラサイト」が素敵?!
んなワケねーか・・・。サッカーのワールドカップ期間中、ベルギー国営放送のクルーたちとベルギーチームとともに日本を巡る。なんちゃってフランス語も時には役に立つ。先日の戦後60年に関するRTBFの取材は僕にとってもかなり勉強になった。
しかーし、リストラの波はヒモにもやってきた。ヒモ解雇。大学院を中退し、2004年から福岡で久留米絣の仕事に従事。
現在はまた神戸に戻ってきました!

カテゴリメニュー

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
著作権フリーのフランス写真

ぶどう摘み体験記

Dimaine de Viaud
powered by
Domaine de Viaud
Domaine de Viaud ブログ
ワイナリー関連記事

最近のコメント

月別アーカイブ